床やフローリングなどの補修

床やフローリングなどの補修

傷をつけた記憶はないけども何かを引きずったような跡や傷が残ってしまうことが多いですが、そのようなフローリングを横断してるような傷も簡単に補修することができます。
セルフで行う場合の手順はまず傷に少し樹脂を埋めて塗ります。
この樹脂はホームセンターなどで手に入りますのでそちらを使用してみてください。
深くえぐられた部分に樹脂を埋め込んでヘラなどでだいたい平らにしていきます。
傷の周りに広がった樹脂は布やはぎれなどでこすり取っていきます。
樹脂を埋めただけでも目立たなくはなりますが色を付けたい場合や色味が合わない場合はアクリルの絵の具をメディウムなどで溶かして塗っていきます。
このメディウムは混ぜると絵の具の定着がよくなりますので、フローリングに塗っても剥がれにくくなりますのでお勧めです。
この作業で傷が目立たなくなります。
樹脂の埋め方が分かたない方は、ライターやドライヤーなどで炙って傷に塗りこんでいくと埋め込みやすくなります。
ただ、炙った樹脂はとても熱くなってますからやけどには十分に注意が必要になってきます。
ただこの樹脂を埋め込む方法はもともとフローリングの色とは違う樹脂でしてしまうと目立たなくなるどころが逆に色味が違う分目立ってしまう可能性がありますのでいくつかの樹脂を溶かして近い色にしていく必要がありますので注意してください。

    Copyright(C) ご家庭の補修についての簡単な豆知識 All Rights Reserved.