カビ対策と水回りの補修

カビ対策と水回りの補修

お風呂やお台所などの水回りはすぐにカビてしまうことがあり、補修する以外にもカビ対策が必要です。
これは放っておくとカビや虫が増えたりし、家財の腐食にもつながって大変危険です。
日ごろから常に換気し、掃除の際には防カビ剤を撒くなどして対策をとったほうがよいです。
万が一でもカビてしまった場合は、業者に頼むのが一番ですが、ご自分でやることも十分に可能です。
まずはカビをとるために防カビの洗剤ややすりなどでカビ部分をとってきれいにしてからの防水加工をはじめてください。
主に防水専用のコークボンドなどをホームセンターなどで入手し、これを使用して防水加工をすることが最適で、これの使い方といえば、そのまま塗るか、元々の防水ゴムを削ってから塗ることで防水ができます。
コツといえば、押し込むように塗ることと、指先できれいにならしていくことです。
マスキングテープを貼ってボンドのかからない所を保護しながら一気に塗っていき、乾燥して固まるまで水などのかからないよう放置するだけでお手軽に水回りの防水加工ができてしまいます。
最近のコークボンドには防カビ材などが入っているものがありこれは水気をはじくだけでなく、カビの自然を防いでくれるものもあるので購入の際には表示にも気を配っておくとよいでしょう。

    Copyright(C) ご家庭の補修についての簡単な豆知識 All Rights Reserved.