木部の補修

木部の補修

家の内部にある木部などは特に傷や腐食のしやすい部分であり、経年劣化をせずとも壊れたり欠けたりすることが多多あります。
こうした場合には木工パテなどで補修することが無難であり、業者でもよくとられている方法です。
木工パテは速乾性の物が多く、使い勝手も良いために修繕業者などの間ではメジャーな木部補修の材料のひとつにされています。
木工パテを補修箇所に盛っていき、具合をみながら整形していきます。
木工パテは使い方によっては木目を出し、元あった状態に極力近づけることができるため非常に便利で、すぐ乾くというのも特性のひとつです。
また、ワックスがけをすることで、仕上がりも良くなります。
表面がつるつるしている部分は問題がないですが、角や細かい部分などパテがのらない場合は、木目が描けるペンなどを使用して補修することもできます。
これのコツは、薄い色から濃い色へと重ねていくことであり、木目などの目立つ模様もこうして塗ればぼかしなどを使うことができて、元の色合いに近づけることができます。
木部の大きな破損、家具などの破損の場合は潔く木工ボンドを使うか、ドリルで穴をあけてネジ止めすることが最適です。
ご家庭で日常つかう物なら特に頑丈にする必要があるために、その耐久性も考えながら修復していく必要があります。

    Copyright(C) ご家庭の補修についての簡単な豆知識 All Rights Reserved.